運転の練習、適した時間と場所について

運転の練習、適した場所と時間について 初!運転

運転免許を所得して遂に運転ができる!

しかし、今までは自動車教習所の先生に助手席で教えてもらい運転するのとは違い、これからは自分自身で慣れない自動車を運転しなければならいのはとても不安です。

ここでは、まだ運転に慣れない方も含め適した練習時間と場所を紹介します。

時間は早朝がおすすめ

練習を行う上で適した時間は早朝がおすすめです!

1日を通して自動車は朝と夕方の通勤ラッシュ、昼間の昼食ラッシュは交通量はとても多くなります。この時間帯は人通りや車通りが多く運転の練習には適していません。

そのため、早朝の5:00~6:30までが練習に適しています(筆者の経験上、6:45頃に朝の通勤ラッシュが始まります)。

ちなみに、夜の22:00以降も交通量が少なくなる時間帯ですが夜ということもあり、ライトを点けていても視界が悪くなるので夜の練習には注意が必要です。

暗い道路
夜の運転は視界が悪くなる

練習に適した場所

次に、練習に適した場所についてですがいくつか条件があります。

それは、土地勘がある身近な場所交通量が少ない場所大きな道路の3つです!

土地勘がある身近な場所

自動車に乗ると徒歩や自転車と比べて、何倍も速いスピードで移動することができるようになります。しかし、勢い余って普段行かない場所へ行ってしまうと道路の構造や状況が掴めなくなり、とても不安な思いをしてしまいます。

そうはならないためにも、ある程度運転に慣れるまでは自分が行ったことのある(土地勘がある)場所での練習をおすすめします!
中でも、自分がよく買い物に訪れるスーパーまでの道のりはとてもおすすめです。

また、駐車場もあるので駐車の練習を行うことも可能です。

注意点として、ゆとりをもって駐車ができない駐車場は避けたほうが良いでしょう(進入が困難な駐車場や間隔が狭い駐車場など)。

交通量が少ない道路を通る

運転の練習を行う上で、一番練習のし易さが分かれる条件が交通量です。快適な練習を行う上でも交通量が少ない道路を通ると安心です!

小道を避け、大きな道を通る

運転の練習を行うときには小さな道よりも、大きな道(最低でも片側1車線以上)を通ることをおすすめします!

前項でも触れていますが、運転に慣れていないから交通量の多い大きな道路は通りたくない。その気持ちは大変良くわかります。しかし、極端に狭い小さな道はかえって運転がしづらいのです。

確かに、小さい道の方が交通量も少なく比較的遅い速度で運転することができるのですが、小さい道は障害物や死角が多いため大きい道よりも注意深く進まなければいけません。また、対向車が向かって来た場合にも回避しなければいけません。

冬の降雪地帯では、特に大きな道路を通ることをおすすめします(道幅が雪によって狭まるため)。

細い道路は障害物や対向車に注意が必要

まとめ

この記事では運転の練習において、適した時間と場所について説明しました。
繰り返しになりますが運転の練習は・・・

  • 時間・・・早朝がおすすめ
  • 場所・・・土地勘がある身近な場所

    交通量が少ない場所
    大きな道路

上のような時間と場所を選べば、安全に運転の練習を行えると思います。
少しずつでもいいので、運転に慣れていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました